外来がん化学療法患者の生活障害に関する研究 : 消化器がん患者の生活障害の実態調査 A Study on Difficulties for Daily Life in Outpatients with Cancer Chemotherapy : Survey of the Actual Difficulties of Daily Life

この論文をさがす

著者

抄録

外来がん化学療法患者が快適に生活するための看護支援に資するために、外来化学療法を受けている消化器がん患者19名(35〜77歳)を対象に、化学療法による有害反応(副作用)と外来化学療法を受けることによる生活障害の実態は未だ明らかにされていないため、調査・検討を行った。化学療法による有害反応は全身倦怠感(100%)、食欲不振および下痢または便秘(68.4%)、嘔気または嘔吐(63.2%)、その他、脱毛・手足症候群・味覚の変化などであった。外来化学療法患者の主な生活障害は全身倦怠感と化学療法を受けることによって引き起こされていた。全身倦怠感による生活障害は生活範囲の狭小化・生活活動の制限や低下・意欲・気力・集中力の低下・対人関係の制限・精神的負担などであった。食欲不振と嘔気および味覚の変化による障害は食事量の低下や食事の楽しみの低下、下痢と脱毛による障害は外出の制限、嘔吐による障害は内服の困難などであった。また、外来化学療法を受けることによる主な障害は余暇活動の制限・時間的制限や精神的負担などであった。以上の結果から、外来で化学療法を受けているがん患者に対し、有害反応である全身倦怠感や外来で治療を受けること自体による生活障害をアセスメントし、生活障害による影響か軽減するために症状への対処方法と生活時間の調整方法ならびに精神的支援が必要であることが示唆された。

The side effects of chemotherapy and actual difficulties of daily life were examined in 19 patients with gastroenterological cancer, in order to utilize for nursing support of outpatients with cancer chemotherapy. The side effects consisted of general fatigue (100%), appetite loss and diarrhea or constipation (68.4%), nausea or vomiting (63.2%) and so on. The actual difficulties of the daily life were mainly induced by the general fatigue and treatment of chemotherapy itself. The difficulties due to the general fatigue were closely related to narrowing of daily life, decline of volition, limitation of personal relations and psychological distress. The difficulties due to gastroenterological symptoms such as appetite loss, diarrhea and so on were related to decrease in dietary volume and pleasure of diet, and difficulty of internal drug application. The difficulties mainly due to the treatment of chemotherapy were related to limitation of leisure activity, psychological distress, and limitation of time owing to the chemotherapy itself. These results suggest that the side effects and actual difficulties of daily life of the chemotherapeutic outpatients must be carefully assessed and that nursing support such as coping behavior for side effects, adjustment method of schedule for daily life, or psychological stabilization is necessary for outpatients with cancer chemotherapy, in order to reduce the actual difficulties of the daily life caused by the treatment itself.

収録刊行物

  • 神戸大学医学部保健学科紀要

    神戸大学医学部保健学科紀要 19, 41-57, 2003

    神戸大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004624952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10508836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13413430
  • NDL 記事登録ID
    6972128
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1832
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ