現代イタリア演劇の研究 : ダリオ・フォーのびっくり箱2001・2002 Research on Italian contemporary theater : jack-in-the-box of Dario Fo 2001・2002

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は平成十三年度、十四年度に学長特別研究事業として行なわれた「現代イタリア演劇の研究」に関する報告である。事業の目的は、イタリアのノーベル劇作家ダリオ・フォーの作品を、実際の舞台上演を通して本学学生及び一般市民に紹介することにあった。上演されたのは、フォーの初期の一幕喜劇『泥棒もたまには役に立つ』(十三年度)と代表的な政治風刺劇『アナーキストの事故死』(十四年度)で、いずれも日本では未公開の作品である。上演は本国講堂において行なわれたが、日本ではまだあまり知られていない劇作家であるにもかかわらず多数の観客が来場し、たいへん好評であった。また、舞台上演と並行してフォーの演劇活動を紹介する写真パネル展、イタリア独自の演技の方法を用いたワークショップを実施した。ワークショップには浜松で活動する劇団の俳優や高校の演劇部員が参加し、地域の演劇関係者との直接的な交流を図ることができた。

This paper reports on a research project on an Italian contemporary playwright Dario Fo, who won the Nobel Prize in Literature 1997. The project was carried out in 2001 and 2002, and its main purpose was to put on the stage two of his comedies translated into Japanese: "Non tutti I ladri vengono per nuocere" ("The Virtuous Burglar") and "Morte accidentale di un anarchico" ("Accidental Death of an Anarchist"). The former is an one-act play of 1950's, when Fo was still working for the commercial theater, and the latter is one of the most well-known pieces of his political theater written in 1970, following the terrorist attack on a bank in downtown of Milan. Both plays were presented for the first time in Japan. Along with the stage performances, an exhibition to introduce Dario Fo's activity by photographs, posters and sketches, and a workshop for actors based on typical Italian way of acting was held.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 5, 133-142, 2004

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004627638
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    7486409
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ