『和字絵入 往生要集』「大焦熱地獄」の解釈史的研究--絵師八田華堂金彦の解釈  [in Japanese] The spiriual calture and interpretation history of the "oujo yosyu"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

天保14年(1843年)に刊行された『和字絵入 往生要集』は、所謂「後期仮名書き絵入り往生要集」に属する本である。本研究において取り上げる第12図「大焦熱地獄」は元版本(寛文11年本〔1671〕)の挿絵とは大きく異なる場面を描いている。この第12図の分析を通して、江戸時代後期(天保年間)に生きた絵師八田華堂金彦の『往生要集』「大焦熱地獄」の解釈を歴史的視点から探った。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Human and Culture Sciences, Sakushin Gakuin University

    Bulletin of the Faculty of Human and Culture Sciences, Sakushin Gakuin University (3), 63-84, 2005-03

    作新学院大学人間文化学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004628319
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11835359
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13480626
  • NDL Article ID
    7761653
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-J992
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top