生命倫理研究会の活動報告 : スピリチュアルケアを探る A Report of the Bioethics Study Group : Search for Spiritual Care

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 龍子 [他] ITO Ryuko
    • 国立成育医療センター研究所 成育政策科学研究部 National Research Institute for Child Health and Development
    • 大迫 哲也 OSAKO Tetsuya
    • 国立精神・神経センター国府台病院 看護部 Kohnodai Hospital, National Center of Neurology and Psychiatry, Department of Nursing
    • 松村 ちづか MATSUMURA Chizuka
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部 看護学科 家族看護学 Saitama Prefectural University, School of Health and Social Service Family Nursing
    • 青木 美紀子 AOKI Mikiko
    • 東京大学大学院 医学系研究科保健学習・教育学分野 University of Tokyo, Graduate of Medicine School of Health Sciences and Nursing, Department of Social Gerontology
    • 有森 直子 ARIMORI Naoko
    • 聖路加看護大学 母性看護・助産学 St. Luke's College of Nursing, Maternal Infant Nursing and Midwifery
    • 中込 さと子 NAKAGOMI Satoko
    • 広島大学医学部保健学科 看護学専攻臨床看護学講座母子看護学研究室 Hiroshima University, Faculty of Medicine, Institute of Health Sciences, Maternal and Child Health Nursing
    • 野田 洋子 NODA Yoko
    • 順天堂医療短期大学看護学科 母性看護学 Juntendo Medical College of Nursing, Maternal Infant Nursing

抄録

生命倫理研究会は,2000年1月より本学大学院生の有志を中心に聖路加国際病院チャプレン・本学非常勤講師である西村をアドバイザーに始められた。その活動は,月1回の研究会において,各看護専門領域の抱える生命倫理に関連する課題を互いに持ち寄り,討議する形で学習を行ってきた。本稿では,2003年にテーマとした「スピリチュアルケア」について,事例を基に行った討議を要約し報告する。まず,スピリチュアリティおよびスピリチュアルケアの概観について述べる。次に,本研究会の趣旨を中心におき,以下の専門領域の事例に基づいた討論について述べる。すなわち,(1)いのちの始まりに関わる領域における先端医療の施術とスピリチュアルケアのあり方について, (2)小児看護領域からは,小児に関連した文献検討を基にして,親子に対するスピリチュアルケアについて,(3)成人看護領域からは,食事療法を通して生きる意味を見出すことにスピリチュアルケアのあり方を捉える, (4)精神看護領域からは,患者が生きる意欲を回復するに至るスピリチュアルケアについて,(5)在宅看護領域からは,生きがいを失った患者に対するスピリチュアルケアの難しさについて,(6)終末期医療の領域からは,死を前にした患者へのスピリチュアルケアについてである。研究会では,このような一連の討論から「いのちの尊厳」というスピリチュアルケアの基本を認識しつつ,今後さらに臨床的展開を念頭においた研鑽を積んでいきたいと願っている。

The Bioethics Study Group was formed in the year of 2000 by a group of graduate students of this college, T. Nishimura the instructor of the bioethics course being an advisor. The Group met once a month and each participant took his/her turn presenting a case study relating one's own field of nursing. This report, after a brief sketch of the work up to 2003, summarizes the discussions on Search for Spiritual Care the Group devoted in 2003. In the beginning is described a view on "Spirituality" and "Spiritual Care" in general and follow the discussions based on the cases six members introduced of each one's special area. The following are the topics of the discussions ; (1) advanced medicine and spiritual care in the area related to assisted reproduction, (2) in child health nursing area, about spiritual care for a mother and her child based on literature reviews related to the growth of children, (3) in adult nursing area, about spiritual care in finding the meaning of life through diet, (4) in psychiatric nursing area, about spiritual care for a patient to regain eagerness for life, (5) in home nursing area, about a difficulty of spiritual care for a patient who lost his wife, and (6) in palliative care area, about spiritual care of a dying patient. It is the wish of the Group to continue the study and inquiry keeping clinical developments in mind and reaffirming the importance of spiritual care to uphold the "Dignity of life".

収録刊行物

  • 聖路加看護大学紀要

    聖路加看護大学紀要 (30), 48-56, 2004-03

    聖路加看護大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004631312
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130477
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02892863
  • NDL 記事登録ID
    7002719
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-719
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ