和文献にみる「安楽」と英文献にみる「comfort」の比較 : Rodgersの概念分析の方法を用いている日米2つの看護文献レビューから Comparison of "ANRAKU" and "comfort" in the Respective Japanese and English Nursing Literature : Literature Review Using an Evolutionary Concept-Analysis Approach (Rodgers)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安楽という言葉は,「安全」「安楽」「自立」と共に看護ケアの基本的な概念として用いられている。安楽は,一般的にcomfortと英訳される。本稿では,ともにRodgersによる概念分析の方法 : 定義(Definition),先行するもの(Antecedents),帰結(Consequences),代替となる用語(Alternative Terms),関連する概念(Related Concept),によって分析された日米の看護論文を用いて,和文献における安楽と英文献におけるcomfortの比較を行った。安楽とcomfortは,共に多面的で多義的で広範囲に定義されていた。先行するもの,帰結,関連する概念においても,類似性が多くみられた。相違点は,先行するものにおいて,comfortに比べ,安楽のほうが看護技術に密着した内容であることが推察された点である。今後,日本の看護においても, comfort理論などの米国におけるcomfortへの取り組みを参考に,安楽と安楽なケアの理論化が期待される。

In Japanese nursing, "ANRAKU" is very useful and important term, generally, it is translated into English as "comfort". A comparison of "ANRAKU" and "comfort" in the respective nursing literature was based on Rodgers's method of concept analysis, which includes "definition", "alternative terms", "antecedents", "consequences", and "related concepts". Both had many similarities, both definitions had extensive multidimensional attributes. The difference was that "ANRAKU" is solely related to nursing skills. It is expected that, as with "comfort theory" in the USA, "ANRAKU care" will develop in Japanese nursing.

収録刊行物

  • 聖路加看護大学紀要

    聖路加看護大学紀要 (31), 1-7, 2005-03

    聖路加看護大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004631320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130477
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02892863
  • NDL 記事登録ID
    7703846
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-719
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ