看護大学から市民への健康情報の提供 : 聖路加健康ナビスポット「るかなび」の試み Health Information Service to the People at St. Luke's College of Nursing : A Trial of "LUKENAVI"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菱沼 典子 HISHINUMA Michiko
    • 聖路加看護大学 基礎看護学・形態機能学 St. Luke's College of Nursing, Fundamental of Nursing, Structure and Function of the Human Body
    • 川越 博美 KAWAGOE Hiromi
    • 聖路加看護大学看護実践開発研究センター 地域看護学 St. Luke's College of Nursing Research Center for Development of Nursing Practice, Community Nursing
    • 松本 直子 [他] MATSUMOTO Naoko
    • 聖路加看護大学司書・看護実践開発研究センター St. Luke's College of Nursing Library, Research Center for Development of Nursing Practice
    • 新幡 智子 ARAHATA Tomoko
    • 聖路加看護大学看護実践開発研究センター St. Luke's College of Nursing Research Center for Development of Nursing Practice

抄録

聖路加看護大学看護実践開発研究センターでは,2004年5月に,市民に健康情報を提供する場として,聖路加健康ナビスポット「るかなび」を開設した。本論文は,「るかなび」開設までの経過,開設から5ヵ月間の来場者の現状の報告である。医療の主体は病んでいる患者にあり,医療者はその回復を手助けするパートナーであるという関係を構築していくには,まず,市民と医療者の間の圧倒的な情報量の差を埋めることが必要である。主体的に健康生活を創り,自分の健康を自分で守る市民社会をめざして,必要な健康情報を得る方法ならびに,健康情報の使い方に関して情報を提供することを目的に,「るかなび」を開設した。「るかなび」は,月曜日から金曜日までの10時から16時までをサービス時間とし,スタッフとしてヘルスコーディネーターまたはヘルス・ボランティア1〜2名が常在,書籍,パンフレット,血圧計,身長・体重計,コンピュータを備えている。開設から9月までの来場者は428名で,利用目的は健康相談が26%,立ち寄りが22%であった。来場者のうち,アンケートに回答を得られた90名では,40〜60歳代が7割,女性が7割であった。市民が欲していることに合わせ,教育,研究にも活用できる場になるよう工夫を重ねたい。

"LUKENAVI", is a concept describing a community-based health information service center. In May 2004, the St. Luke's College of Nursing Research Center for Development of Nursing Practice opened a LUKENAVI. The object of this article is to describe the opening process of "LUKENAVI", and then discuss the current function of the "LUKENAVI". In the health care filed there is a wide gap in health information between patients and medical staff. This information gap must be filled to achieve the goal of people-centered care. The aim of "LUKENAVI" is to provide people with this health information and especially how to access the health information and how to use the information. "LUKENAVI" is open Monday through Friday between 10:00 to 16:00. A health coordinator or a health volunteer talks with people coming to "LUKENAVI". The resources used include books, pamphlets, blood pressure machine, scales and computer. Between May and September, 428 people came to the "LUKENAVI". Of those attending 26% came seeking advice about their health problems and 22% simply wandered into the "LUKENAVI". In addition, an informal assessment was conducted. A questionnaire was handed to many participants. Answering the questionnaire were 90 (21%) people. The majority (70%) of LUKENAVI visitors responding were women ages 40 to 70 years old. We hope that "LUKENAVI" answers the needs of people, and that "LUKENAVI" will become an area for education, practice and research.

収録刊行物

  • 聖路加看護大学紀要

    聖路加看護大学紀要 (31), 46-50, 2005-03

    聖路加看護大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004631325
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130477
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02892863
  • NDL 記事登録ID
    7703879
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-719
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ