救護施設の社会的性格 : 利用者の変遷を通じて The Position in Society of "Relief Institutions" : Considering the Changes in Clients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

救護施設についての研究は少なく,利用者については,ほとんど研究対象になっていない。救護施設はそれぞれの施設によって,利用者形態が異なっている。どの施設を救護施設の現状と捉えるかは,判断に迷うところである。その地域で,さまざまな障害形態の人がいる。その状況に応じた形を持つ施設が,救護施設である。筆者は救護施設に勤務する中で,救護施設利用者が年々変化していることを痛感している。その利用者が,社会・経済・福祉政策・法律に最も左右されてきた人々ではないかと考えた。本稿では,(1)救護施設利用者の変遷を通じて,救護施設が変化し,時代的に展開していることを明らかにする。(2)年代別の全国救護施設の実態を明らかにし,救護施設と社会,経済,法律,貧困者・障害者政策との関係を考察する。(3)救護施設とその利用者が,時代経過の中で,どのような位置付けをされていたかを検証する。

There has not been a lot of research made in relief institutions. Moreover, there has been very little research into the clients. There are various kinds of clients according to each relief institution. We cannot make a decision as to which institution is one of the latest relief institutions. There are various kinds of handicapped people from place to place, the same as there are relief institutions. The present writer works as a care-worker at a relief institution and feels keenly that the kinds of clients in the relief institutions are changing year by year. These clients are the people who have been the most influenced by society, the economy, the policy of welfare and the law. This report will (1) make clear that the relief institutions are changing and taking a new turn in history with a transition of their clients, (2) make clear chronologically the actual condition of the relief institutions in Japan considering the relations between the relief institutions and society, the economy, the law and the policy for the poor and handicapped people, and (3) inspect what kind of position in society in the course of time these relief institutions and these clients have.

収録刊行物

  • 人間文化研究

    人間文化研究 1, 33-46, 2003-03-01

    長崎純心大学・長崎純心大学短期大学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004634397
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1184559X
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ