SMTPセッションでのSPAM受信拒否 SPAM rejection at SMTP session

この論文をさがす

著者

抄録

近年電子メイルという手段を用いて、不要な広告や勧誘文を大量無差別に送りつけるUBE (Unsolicited Bulk E-mail)、いわゆるSPAMが社会問題となっている。SPAMにはそれ特有のパターンが本文に含まれるため、それらを統計的に処理することで自動的に排斥する「SPAMフィルタ」が発達している。そのいっぽうで、受信サーバに届くSPAMの数が増大し、SPAMフィルタを動かすためのサーバ負荷が無視できなくなってきているのも事実である。本論では、SPAM送信者が「身元を詐称する」という性質を利用し、SPAMのメッセージ本体を受け取る前段階で送信自体を門前払いする方式を提案・実装し、評価する。

UBE (Unsolicited Bulk E-mail), so called "SPAM", had become the social problem in the Internet community. Filtering out SPAMs by analyzing the pattern of their message body became recent hot interest of researchers, so that many SPAM-Filtering systems are in practical use. However, it had become problem that too many SPAM messages raise load of SMTP servers. In this paper, we designed, implemented and evaluated the method of SMTP rejection at SMTP session before receiving whole message of SPAM.

収録刊行物

  • 東北公益文科大学総合研究論集 : forum21

    東北公益文科大学総合研究論集 : forum21 7, A89-A110, 2004-05-30

    東北公益文科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004634564
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11549961
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18806570
  • NDL 記事登録ID
    7070433
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F47
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ