震災復興期に至る公園設計の史的展開について The Historical Developments of Park Design in Japan(Middle Meiji-Early Showa)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市区改正に始まる近代都市公園整備が, 帝都復興事業を経て一つの結実を見るまで, その間の公園設計の史的展開は不明な点が多い。主に東京の都市公園を対象に新設公園の現れた明治中期から復興事業の完了した昭和初期に亘る公園設計の源流を辿ることにより, 近代化の中で公共造園設計が, 西欧から何を学び如何なる系譜の下に展開してきたのかを明らかにすることを試みた。

The Author revealed historical developments of park design in Japan from the middle of Meiji to the early Showa, when Tokyo had been reconstructed after the Earthquake. There had been two lines of park design, one had developed among the national projects, and the other among the city planning. And the oringin of some important design methods which were derived from the West was made clear.

収録刊行物

  • 造園雑誌

    造園雑誌 53(5), 73-78, 1989

    社団法人日本造園学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004661216
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00133839
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-7248
  • NDL 記事登録ID
    3664141
  • NDL 刊行物分類
    M013;C54
  • NDL 雑誌分類
    ZK2(芸術--建築)
  • NDL 請求記号
    Z11-315
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ