武蔵野のイメージとその変化要因についての考察(平成2年度日本造園学会研究発表論文集(8)) A Study on the Image of Musashino and Factors Bring Changes on the Image(PAPERS OF 8th SCIENTIFIC RESERCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

長期的にみた場合の景観に対するイメージ形成のメカニズムを解明するための試論として,東京の自然の代表である武蔵野を取りあげ,各時代短のイメージの内容とその変化の過程,イメージ変化と景観変遷との関係,イメージ変化の要因について分析した。その結果,イメージと景観は異なる変化のしかたをしてきたこと,イメージ変化のきっかけとして文学作品などが重要であったことが明らかになった。

Developement of cities needs the conservation and creation of nature, and Musashino represents the nature of Tokyo. The aims of this study are to make clear, (1) the substance of 'the image of Musashino' of each age, and how the image has changed, (2) the relation of the image and the real landscape, (3) the decisive factor when an image changes. The results are as follows : (1) The image has changed from'a field of wild grasses'to'a vast stretch of land', and next to 'an agricultural landscape', and today's image is 'coppice'. (2) There is difference in appearance of the change between the image and the real landscape. (3) There is a literary work as a decisive factor when an image changes.

収録刊行物

  • 造園雑誌

    造園雑誌 53(5), 215-220, 1990-03-30

    社団法人日本造園学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004661240
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00133839
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03877248
  • NDL 記事登録ID
    3664165
  • NDL 雑誌分類
    ZK2(芸術--建築)
  • NDL 請求記号
    Z11-315
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ