水琴窟の音響構造に関する実験的考察 Experimental Study on the Acoustic Structure of the "Suikinkutsu"

この論文をさがす

著者

抄録

発見された水琴窟のFFT周波数分析の検討から,水琴窟の放射音(ピッチ)は中の空洞長で規定される固有振動数と関係が強いことに着目し,これを実証する目的の室内実験を行った。供試甕に対する固有振動モードの理論値と本実験値とは良く対応しており,その結果立証された仮説を踏まえ,次のことを考察した。(1)水琴窟特有の音は,囲われた空間によって決まる固有振動数と同じピッチの滴水音が,より強調され外部へ放射された。(2)音が持続するためには,反射面として平行に対置する剛壁が必要で,特に窟洞の天井は水平面に設置されることが要諦である。(3)発音の確率を増やすため,窟口に水切り(尖端)を作らない。

The "suikinkutu", one of the traditional techniques of Japanese gardening, has been attracting renewed attention, and in recent years various ways have been tried out to reproduce it. I performed an FFT analysis to establish the reproduction of this technique. This analysis was carried out by recording the sound produced by an original "suikin-kutu" found buried in the ground, and the sound produced by simulating the charactaristics of a "suikinkutu" in the laboratory. Based on the analysis of the spectral composition, the acoustic structure of the "suikinkutu" shows that the sound of water drops hitting the surface of the water induces the air inside the "suikinkutu" to resonate with a normal mode of vibration ; it is regarded as a type of resonance phenomenon.

収録刊行物

  • 造園雑誌

    造園雑誌 55(5), 133-138, 1992-03-31

    社団法人日本造園学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004661538
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00133839
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03877248
  • NDL 記事登録ID
    3768349
  • NDL 刊行物分類
    M079(振動工学・音響工学)
  • NDL 雑誌分類
    ZK2(芸術--建築)
  • NDL 請求記号
    Z11-315
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ