ペットロボットを用いた感情認識システム  [in Japanese] Emotion Recognition System Using a Pet Robot  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

発話者の感情を認識することは,臨場感ある対話システムの開発やケアシステムの作成に役立つ.感情認識の研究には,単語や会話の意味解釈から判別するものや,発話者の音声から判別するものがある.後者は,発話者が特定話者の場合には認識率を向上させることができるが,不特定話者の場合には実用に耐え得ることができなかった.本論文では,ペットロボットをなでながら音声入力をしてもらうことにより,不特定話者の感情認識を行う方法を提案する.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 89(3), 447-456, 2006-03-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Cited by:  1

  • Interaction for the Humanoid  [in Japanese]

    NANJYO Yoshito , KANAMARU Naoyoshi

    The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 35(6), 692-694, 2006-11-25

    References (30)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004662700
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    7862085
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top