ストリーム暗号への攻撃法の改良に関する一考察 : 多次元の相関を利用した攻撃  [in Japanese] A Note on the Improvement of a Fast Correlation Attack on Stream Ciphers  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 細渕 智史 HOSOBUCHI Satoshi
    • 早稲田大学理工学部経営システム工学科 Department of Industrial and Management Systems Engineering, Waseda University
    • 齋藤 友彦 SAITO Tomohiko
    • 早稲田大学理工学部経営システム工学科 Department of Industrial and Management Systems Engineering, Waseda University

Abstract

共通鍵暗号の一種であるストリーム暗号は,鍵を擬似乱数生成器に与えて鍵系列と呼ばれる擬似乱数系列を生成し,これと平文系列との排他的論理和をとることで暗号文系列を生成する方式である.ストリーム暗号に使われる擬似乱数生成器の一種に非線形コンバイナ型乱数生成器があり,これは複数のLFSRと一つの非線形関数で構成される.また,相関攻撃はこのような擬似乱数生成器への攻撃法の一つであり,LFSRの出力系列と鍵系列の相関を用いてLFSRの初期状態を推定する攻撃法である.だが,従来の攻撃法は単体のLFSRを攻撃するものであり,本来複数のLFSR系列と鍵系列で多次元の相関があるうちの一部分しか推定に使用していない.よって,本論文はMihaljevicらのBPを用いた攻撃法を改良し,多次元の相関を利用した複数のLFSRを同時に攻撃するアルゴリズムを提案する.推定に使用する情報を増やすことより,解読成功確率の向上を見込むことができる.また,このとき推定にかかる計算量は増加してしまうが,BPの並列アルゴリズムによる近似計算を行うことで,計算量の増加を抑えることができる.

Journal

  • The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 89(2), 121-128, 2006-02-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  7

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004662829
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135707
  • NDL Article ID
    7822984
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top