清涼飲料水がおよぼす歯の脱灰作用 Studies concerning the effect of soft drinks on tooth dissolution.

この論文をさがす

著者

抄録

近年,清涼飲料水による歯の脱灰作用に関し種々の報告がある。そこで,今回清涼飲料水による脱灰作用を検討した。1)清涼飲料水は炭酸飲料A,炭酸飲料B,乳酸菌飲料,スポーツドリンク,ウーロン茶の5種を選択しpHを測定した。ウーロン茶の6.03を除き他の飲料は2.48から3.46と強い酸性を示した。2)交換期のため脱落したウ蝕の無い乳歯を清涼飲料水に浸潰し,経時的に観察した。歯の一部はロウで覆い,同部を同一歯の対照とした。1日後は炭酸飲料A,Bでエナメル質に白濁を生じ,3日後にはウーロン茶を除いた飲料水においてエナメル質全体が白濁した。これらは7日後にはエナメル質は脱灰し,象牙質が露出した。ウーロン茶は10日間経週後もエナメル質に変化はなかった。3)走査電子顕微鏡にて歯の表面を観察した。ウーロン茶を除いた飲料ではエナメル質が消失し,象牙質が露出し,その表面は疎造であった。ロウで覆った部分はエナメル質が残存し,ロウで覆われていない部との移行部はエナメル質の断面が明瞭に確認された。本実験の浸漬潰時間と通常の飲用では飲料水が歯に接蝕する時間は異なる。しかし,乳幼児期に哺乳瓶でこれらの清涼飲料水を頻回に摂取すると歯の脱灰を生じることが推測される。従って,乳幼死期に哺乳瓶でのこれらの清涼飲料水の投与には注意を要する。

The effect of soft drinks on tooth dissolution was investigated in this study. Deciduous teeth were immersed in 5 brands of soft drink for 1, 3, 7 and 10 days. These soft drinks were carbonated drink A, carbonated drink B, lactic acid drink, sports drink and oolong tea. The pH of 4 kinds of soft drink except oolong tea ranged from 2.49 to 3.48 and that of oolong tea was 6.03. White opacities of dental enamel occurred in the carbonated drink A and carbonated drink B after immersion for 1 day. After 7 days, dental enamel dissolved in carbonated drink A, carbonated drink B, lactic acid drink and sports drink. But no dissolution was observed in oolong tea after 10 days. These findings have made it clear that decalcification of dental enamel occurs in strongly acidic soft drinks with low pH. The potential of sports drinks and other soft drinks with low pH causing an erosive change is true. It must be borne in mind that such soft drinks could cause erosion of teeth in young people.

収録刊行物

  • 千葉医学雑誌

    千葉医学雑誌 77(3), 145-149, 2001-06-01

    千葉大学

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004664374
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00142148
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03035476
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IR 
ページトップへ