昭和基地連結飛揚観測に基づくラジオゾンデデータ品質比較  [in Japanese] A Comparison of Vaisala RS80-15GH and Meisei RS2-91 Radiosonde Data Based on Simultaneous Observations at Syowa Station  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

冬季成層圏の強い西風や低い気温など,中低緯度とは環境が大きく異なる南極において,ヴァイサラ社RS80-15GH型ラジオゾンデと明星電気株式会社RS2-91型レーウィンゾンデの連結飛揚を実施し,データの品質比較を行った.下部成層圏では,気温データの差に季節依存性が見られ,水平風データの差は冬に増大する.また,データの違いが重力波解析に与える影響を調べるため,気温と水平風の短鉛直波長擾乱を比較した.鉛直波長が2~3kmより長い成分については,成層圏でデータがよく一致することから,重力波の解析結果に差は現れないと考えられる.

Journal

  • 天気

    天気 53(2), 123-133, 2006-02-28

    日本気象学会

References:  9

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004665054
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00151568
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    05460921
  • NDL Article ID
    7860232
  • NDL Source Classification
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL Call No.
    Z15-35
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top