デジタル・レファレンス・ツールとしてのWikipedia(<特集>デジタル・レファレンス・サービス) Wikipedia as a digital reference tools(<Special Feature>Digital Reference Services)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Wikipediaは,市販の百科事典を凌駕する巨大な百科事典である。従来の百科辞典と比較して,(1)300万に迫る項目が解説されている,(2)200種類を超える世界中のさまざまな言語の辞典が作られている,(3)日々改定が行われており時代に即した新規項目が充実している,(4)世界中のボランティアの手によって編集が行われていることが,大きな特徴である。本稿では,Wikipediaの概要を紹介し,レファレンスサービスでの利用の可能性について述べた後,関連するいくつかのプロジェクトとWikipediaの課題を解説する。

Wikipedia is an enormous online encyclopedia run in the spirit of open-source collaborative software. It has these characteristics: 1) It includes over 3 million articles. 2) It is constructed by sites of over 200 languages. 3) It is updated everyday, so it includes many new articles. 4) It is edited by many people in the world. In this article, I introduce an overview of Wikipedia and related projects, then describe some issue.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 56(3), 103-107, 2006

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  29件中 1-29件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004668714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    7832624
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ