持久的運動が血中IL-6濃度に及ぼす影響 Effect of Endurance Exercise on Serum IL-6 Level

この論文をさがす

著者

抄録

被験者として日頃運動している6人の健康な男子学生を用いて, 一過性の運動によるIL-6の時間的変動について検討した. 運動は自転車エルゴメ一夕ーを用いて60% VO2max強度で60分間負荷した. 採血は運動前, 運動20分目, 40分目, 60分目及び運動終了24時間後の計5回, 前肘静脈より行った. 結果は以下の通りである. 1. IL-6は運動40分目で0.9±1.0pg/ml, 運動60分目では5.1±3.2pg/mlと運動時間の経過と伴に増加した. 2. CPKは運動時には全く変化しなかったが, 運動後24時間に2090±1921IU/lと著しい増加を示した. 3. 運動60分目のIL-6と運動24時間後のCPKとの間に有意な相関がみられた (r=0.840, P<0.05). 以上のことより, 持久的運動は血中IL-6を増加させ, その増加が運動24時間後のCPK濃度と相関が認められることが分かった. このことからIL-6は筋損傷や遅発性筋肉痛に何らかの関係を持つものと考えられる. 本研究の一部は第25回石本記念デサントスポーツ科学振興財団の助成金を用いて行った.

The purpose of this study was to determine the effect of endurance exercise on serum interleukin (IL)-6 levels. Six well-trained subjects (aged 21.5±1.4yr) underwent a 60 min steady-state cycling at 60% VO2max. Blood samples were collected before, during and 24h after exercise. The exercise resulted in an increase in heart rate (178±8 beats・min^<-1> at 60min of exercise) and Borg's rating of perceived exertion (17.0±1.8 at 60min of exercise). Serum IL-6 was not detected before and 24h after exercise. Serum IL-6 level increased during exercise and peaked at 60min of exercise. Although serum creatine phosphokinase (CPK) levels did not show significant changes during exercise, they increased 〜10-fold 24h after exercise compared with resting levels. There was significant correlation between serum IL-6 levels at 60min of exercise and serum CPK levels 24h after exercise (r=0.840, P<0.05). These results suggest that the increase in the level of serum IL-6 during exercise might play a role in muscle damage after exercise.

収録刊行物

  • 奈良教育大学紀要. 自然科学

    奈良教育大学紀要. 自然科学 53(2), 61-65, 2004-10-29

    奈良教育大学

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004678165
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00181070
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    05472407
  • NDL 記事登録ID
    7182708
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z14-165
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ