女子短大生の尿中窒素化合物および食塩の測定 Measurement of Urinary Nitrogen Compound and Sodium Chloride in Women's Junior College

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

健康な女子短大生7名の24時間尿を3日間採取し、尿中窒素化合物および食塩量を測定して次の結果を得た。1. 実験期間が夏期であったことを考慮しても、被験者らの尿量は全般的に少なく、それに対応して比重はやや大きい傾向を示していた。2. 尿中窒素排泄量の3日間の平均値は、10.7~15.4g/日であった。3. 尿中アンモニア排泄量の3日間の平均値は、0.3~0.7g/日であった。4. 尿中クレアチニン排泄量の3日間の平均値は、0.90~1.18g/日であった。5. クレアチニン係数は、15.4~21.4であった。6. 食事調査によるタンパク質摂取量と、尿中総窒素排泄量からタンパク質の出納を3日間の平均値で見ると、ほぼバランスがとれていたが、欠食によるタンパク質摂取量の不足は、将来、健康を損なうことにつながることが示唆された。7. 食事調査による食塩摂取量と、尿中食塩排泄量の出納を3日間の平均値で見ると、ほぼバランスがとれていたが、1日の排泄尿量が著しく少ないと、食塩が排泄されにくくなることが示唆された。

収録刊行物

  • 駒沢女子短期大学研究紀要

    駒沢女子短期大学研究紀要 28, 53-56, 1995-03-03

    駒沢女子短期大学

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004678377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00093381
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02884844
  • NDL 記事登録ID
    3919918
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-168
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ