庄内地方「郷土本」に見られる方言描写--『筬の千言』に描かれた「帯」なる人物のことばをめぐって  [in Japanese] On the dialect of a local book in Shonai area : The report on the dialog by 'Obi' in Osano-chigoto  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

キーワード : 近世上方語・庄内方言・方言語法の東西対立・郷土本の方言描写・方言資料的価値 論旨 : 庄内地方「郷土本」の一つ、『箴の千言』に登場する人物の言葉に注目し、そこには上方語と庄内方言とが語法上対立的に描かれている事実を示した。また、そのうち上方語を話す人物の会話部には、ごく一部庄内方言が混入しており、こうした事例から、異郷にあっていわゆるお国言葉を用いての対話が許されること、またそのような状況下にあっては当該社会の言葉の混入を避けきれないこと、の二つの可能性を指摘した。また、このような異なる言葉を用いる人物を登場させる手法は、中央の洒落本における文芸的趣向としてすでに存しており、その延長上にあって、作品に幅を持たせると同時に、方言の資料的価値も付与することを説いた。

Journal

  • Bulletin of Yonezawa Women's College of Yamagata Prefecture

    Bulletin of Yonezawa Women's College of Yamagata Prefecture (37), 167-184, 2002-12

    Yonezawa Women's College of Yamagata Prefecture

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004678637
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00242867
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02880725
  • NDL Article ID
    6504080
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-512
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top