国際政治理論の系譜--ウォルツ、コヘイン、ウェントを中心として  [in Japanese] The Genealogy of International Political Theories  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は、1970年代終わりから今日までの国際政治理論の系譜を探ることを目的とした。本稿で、主として取り上げた国際政治理論は、ケネス・ウォルツのネオリアリズム、ロバート・コヘインの国際制度論、アレクサンダー・ウェントのコンストラクティヴィズムである。これらの国際政治理論について、存在論と認識論という視点から新たな分析を試み、その上で、アナーキーと国家のインタレストのとらえ方について言及した。This paper aims at exploring the genealogy of international political theories from the end of the 1970s to today. The international political theories mainly taken up in this paper are Kenneth Waltz's neorealism, Robert Keohane's international institutional theory, and Alexander Wendt's constructivism. Concerning such international political theories, new analysis was tried from the viewpoint of ontology and epistemology, and reference was made about anarchy and national interests.

Journal

  • Journal of policy studies

    Journal of policy studies 5(2), 243-265, 2004-02

    岩手県立大学総合政策学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004682636
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11348438
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13446347
  • NDL Article ID
    6898170
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-C586
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top