赤塚忠先生的楚辞研究 : 兼論楚文化的起源発展及其特点 On the Study of Chuci (楚辞) by Professor Kiyoshi Akatsuka : And the Origin, Development and Characteristics of Chu Culture

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は平成十五年度秋田大学教育改善推進費の助成を得て行った合作研究「日本亜州文化研究」の成果である。それを踏まえての徐による秋田大学教育文化学部における学術講演、二十日余に及ぶ徐と石川の意見交換が基本になっている。ちなみに本論考で扱った赤塚忠先生は、石川三佐男の大学院時代の指導教官である。東京大学教授・日本中国学会理事長等を歴任されるなど、日本を代表する中国思想・哲学・文学研究者として世界的に知られる。本論考の主な内容は以下の通りである。一、楚文化の起源とその特徴 : 1、特有の楚文化、2、楚文化形成の原因、3、楚文化を切り開く段階、4、楚庄王と楚文化の繁盛、5、呉起変法と楚文化の変化、6、楚文化の特徴と歴史中の位置、二、赤塚忠先生の楚辞研究 : 1、赤塚先生について、2、赤塚忠先生の楚辞研究の内容と方法、3、赤塚先生の楚辞研究の特点と貢献

収録刊行物

  • 秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要

    秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 26, 89-99, 2004-04-30

    秋田大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004683196
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11532120
  • 本文言語コード
    CHI
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13449214
  • NDL 記事登録ID
    7243183
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1111
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ