シベリア干渉の終焉と日ソ修交への道(正) : 北京会議における北樺太撤兵問題 On the vital problems : (i) Japanese Army's withdrawal from the Northern Sakhalin, and (ii) Navy's demands of oil concessions, both in the Peking Conference (1925).

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • 京都学園法学

    京都学園法学 42, 284-309, 2003-12-20

    京都学園大学法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004687920
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10150335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09164715
  • NDL 記事登録ID
    6835915
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-1762
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ