発想を豊かにするきっかけとしての「粘土遊び」  [in Japanese] Claywork to Encourage Children's Inventiveness  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

粘土は子どもにとって親しみやすく、また表現の可能性の面からも魅力的な教材である。が、その扱いや指導方法の困難さによって、昨今造形学習の場では敬遠されがちな情況にある。そこで、本稿では特に粘土造形における子どもたちの表現力を高める為に、どのような指導の在り方が望ましいのか、「粘土遊び」の実践を通して検証していく。

Journal

  • Bulletin of Chiba Keiai Junior College

    Bulletin of Chiba Keiai Junior College (26), 97-106, 2004-03

    Keiai University and Chiba Keiai Junior College

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004692267
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364106
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03894584
  • NDL Article ID
    7009241
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-1153
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top