協調的対話式美術鑑賞法 : 対話式美術鑑賞法の認知心理学分析を加えた新仮説 The Interactive Interpretation through Conversation : The New Hypothesis from the Viewpoint of Social Cognitive Science

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

従来,感性的側面ばかり強調されていた美術鑑賞教育を教育科学的に分析し,協調的対話式鑑賞法の可能性を探る。対話式美術鑑賞法はアメリカの認知心理学者であり,美学者でもあるアビゲイル・ハウゼンが教育科学的に開発したプログラムが元になっている。ハウゼンの開発したプログラムを分析していくと,そこには対話式という学習法に必要不可欠な,協調と概念変化という視点が乏しい。対話式学習,そして鑑賞学習において協調と概念変化と言う学習視点の重要性を指摘し,その二点を組み込んだ新たな協調的対話式鑑賞法という仮説を提示する。

This paper analyses the appreciation of art from the viewpoint of learning science. Recent studies show that the ability of appreciation can be improved by several trainings. One of the most famous trainings is the interactive interpretation called Visual Thinking Strategy (VTS) invented by Abigail Housen, a cognitive psychologist whose research and theories focus on art. VTS aims to develop ability through interactive classes and conversation. This paper analyses this theory and explores the best practical method to make the most of it. This paper will then submit the new hypothesis which is improved by learning theories.

収録刊行物

  • 美術教育学:美術科教育学会誌

    美術教育学:美術科教育学会誌 27(0), 93-105, 2006

    美術科教育学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004702820
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10180722
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0917-771X
  • NDL 記事登録ID
    7995389
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-3201
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ