長岡技術科学大学におけるeラーニング・マネジメント(<特集>実践段階のeラーニング) A Management of e-Learning in Nagaoka University of Technology (<Special Issue>Studies on Practical Use of e-Learning)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 植野 真臣 UENO Maomi
    • 長岡技術科学大学eラーニング研究実践センター Centre for e-Learning Research and Application, Nagaoka University of Technology
    • 植野 真理 UENO Mari
    • 長岡技術科学大学eラーニング研究実践センター Centre for e-Learning Research and Application, Nagaoka University of Technology
    • 相馬 峰高 [他] SOUMA Minetaka
    • 長岡技術科学大学eラーニング研究実践センター Centre for e-Learning Research and Application, Nagaoka University of Technology
    • 甲 圭太 TSUTSUMI Keita
    • 長岡技術科学大学eラーニング研究実践センター Centre for e-Learning Research and Application, Nagaoka University of Technology
    • 山下 裕行 YAMASHITA Hiroyuki
    • 長岡技術科学大学eラーニング研究実践センター Centre for e-Learning Research and Application, Nagaoka University of Technology

抄録

長岡技術科学大学においてeラーニング授業を正式授業として配信して4年が経過した.2004年現在では,77の授業を配信し,正規通学生以外のeラーニング履修学生は,年間400人以上を超え,正規通学生に対する比率では国内最大規模となっている.本論では,これまで4年間のeラーニング運営の経験を通じて構築されてきた独自のeラーニング・マネジメント手法を「大学におけるeラーニング運営モデル」のひとつとして提案する.本論でのeラーニング・マネジメントの特徴は,1.知識創造を伴う自律的学習を支援するeラーニング授業モデルの導入,2.膨大な学習履歴データを逐次データ・マイニングし,知的エージェントを介して学習者に逐次(学習方法等について)アドバイスするという学習支援機能を持つLMSの利用,3.学習者の履修受付,LMSへの登録等の事務的手続きが完全にオンラインで行われる受付システムの利用,4.特に専門的で高度な技術を必要とせずに自動的に行えるコンテンツ開発支援システムの利用,5.遠隔地からも複数のスタッフによって設定できる遠隔マネジメント・システムの利用,等が挙げられる.これらにより,学習者の満足度を下げることなく,運営スタッフ,教師の負担を減少させながら,eラーニングの実践規模の拡大を実現できたことを示し,本手法の有効性を示す.

Four years have passed since Nagaoka University of Technology started to provide e-Learning courses as formal courses. The university is providing 77 courses and the number of students of e-learning becomes more than 400 in 2004, and this is the domestic maximum scale. This paper proposes an original management method of decreasing teachers' load and administrators' load without lowering the learners' satisfaction even if the scale of the e-learning activity is expanded. The features of the management are as follows: 1. development of an e-learning practice model which enhances autonomous learning with knowledge creation, 2. utilization of a learning management system (LMS) with an intelligent agent which advices learners using data mining of learning log-data, 3. an utilization of an automatic on-line registration system, 4. an utilization of a contents authoring support system which supports development of e-learning contents, and 5. an utilization of a distance management system which enables several administrators to install the e-learning contents to the server from distance places. It is shown to be able to achieve the improvement of expansion of the scale of e-learning without lowering learner's satisfaction rating while decreasing the load of the administrators and the teachers, and shows the effectiveness of the proposed method.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 29(3), 217-229, 2006

    日本教育工学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004705007
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    7877515
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ