徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践(<特集>実践段階のeラーニング) System Development, Operation, and Practice of e-Learning at Tokushima University (<Special Issue>Studies on Practical Use of e-Learning)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

徳島大学におけるe-Learningは授業中心に展開され,学習を総合的に支援するものである.現在,(1)e-Learningで単位を認定する,(2)様々な学生が利用できる,(3)授業ビデオ教材をオンデマンド配信するといった方向性をもち,独自開発のWBT型e-Learningシステムで運用・実践されている.実践を通じて,e-Learningは対面授業に劣らない学習効果をもたらしていると判断できるデータを得た.

Our e-Learning, which takes a class-centered approach and supports comprehensive learning, has been practiced with our proprietary WBT e-Learning system. The system has the following characteristics; (1) credits are granted by participation in e-Learning, (2) various statuses of students can participate in e-Learning and (3) video-based teaching materials are provided on demand. Through the practice, we obtained data that shows our e-Learning can provide as much effect as learning in a classroom.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 29(3), 425-434, 2006

    日本教育工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004705028
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    7877685
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ