著作権教育による児童の意識変容と授業実践の効果  [in Japanese] Teaching Practice of Copyright Education in Primary School and the Effectiveness on Students' Motivation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

小学校児童を対象に,著作権に関する評定尺度法による予備調査を行い,著作権に関する意識や感覚を整理した.因子分析によって,4つの因子を抽出し,学年間で比較した結果,「著作権の意識化」や「著作権の尊重」において,学年間で有意な差が見られた.さらに,体験活動やコンテンツ活用を取り入れた著作権についての授業実践を継続的に行い,意識の変容について検討した.2年間にわたる児童向けの実態調査を分析した結果,著作物や著作権の基礎知識が高まり,日頃から著作物に目を向けるようになったことがわかった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 29(Suppl), 1-4, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  4

  • <no title>

    文部科学省

    新情報教育の手引き, 2002

    Cited by (1)

  • <no title>

    文化審議会著作権分科会

    文化審議会著作権分科会報告書, 2004

    Cited by (1)

  • <no title>

    文化庁

    http://www.bunka.go.jp/, 2003

    Cited by (1)

  • <no title>

    清水康敬

    文化庁著作権研修会報告書, 2004

    Cited by (1)

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004705031
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    7913173
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top