ポートフォリオ・カンファレンスの書式簡略化に関する検討  [in Japanese] A Case Study on Simplification of Portfolio Conferencing Documents  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

学習者と教師双方に負担が大きいと指摘されているポートフォリオ学習を改善するため,カンファレンスの書式簡略化を試みた.簡略化した同書式は,N県看護専門学校1年生を対象にしたポートフォリオを活用するライティング学習において適用された.なお,同簡略化の評価については,「ARCS動機づけモデルに基づく6項目」および「カンファレンスの効果に関する8項目」からなる事後アンケート調査により検討した.分析の結果,ポートフォリオ活用の効果とされている「学習意欲の向上」や「学習に対する振り返りや修正」において効果があったことが認められた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 29(Suppl), 65-68, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004705047
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    7913285
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top