中学校と大学との連携による総合的な学習の協調的デザイン  [in Japanese] Designing Learning Environments Collaboratively with Different Organizations  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

自然環境問題をテーマとした総合的な学習の時間の授業プログラムを,中学校と大学の連携によって実施した.本研究では,授業の協調的なデザイン過程を検討することで,異なる組織間による授業デザインの特徴と課題を,組織論における製品開発の視点から明らかにする.複数データの質的検討の結果,授業開始当初は,大学担当者が授業プログラムを汎用的なモジュール(部分)として生徒に提供しようとしていたが,授業実践途中で当初の計画が困難に陥ったことを契機として,生徒,中学教員,大学担当者間の摺り合わせ(統合)が生じ,授業内容が再構成されたことが示された.また,その際のインターネットをはじめとする道具の役割について考察した.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 29(Suppl), 129-132, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004705063
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    7913480
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top