学級日誌をコンピュータ上に設計した教室用ソフトウェアの開発と評価  [in Japanese] Development and Evaluation of Classroom-use Software Designed on Computer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

学級日誌をコンピュータ上に設計した教室用ソフトウェアを開発した.これを利用した学校の活用履歴を分析したところ,ほぼ日常的に教室で使われており,紙媒体の学級日誌にある項目が利用頻度として高いことが示された.また,ほぼ毎日このソフトウェアを活用していた学級の担当教師にアンケート調査を行ったところ,本ソフトウェアの機能が交流学習を誘発していることが示された.さらに,深い交流学習を行っている2校の分析から,本ソフトウェアの活用には操作が短い時間で完結するようにし,児童の内省を促す機能がさらに備わることが望ましいことが示唆された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 29(Suppl), 153-156, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  5

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004705069
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    7913526
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top