総論:システムライブラリアンをめぐる状況と課題(<特集>システムライブラリアン育成計画)  [in Japanese] What is a system librarian?(<Special feature>Training plan for systems librarians)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

図書館システムは図書館員のための業務用システムから利用者のためのアクセス支援システムへと大きく位置づけを変えた。アクセス支援システムとは,サービス機能が有機的に連携した統合型ソフトウェア環境を指す。このようなシステムを実現するためには,新しい図書館サービスを発想できる人材が求められる。システムライブラリアンはサービスと技術の両方の視点を持って新しいアイディアを生み出す創造的職業であり,役割は違ってもライブラリアンであることに変わりない。システムライブラリアン育成には,網羅的,横断的,複眼的カリキュラムが必要であり,そのうち最も重要なのは複眼的な視野を持たせることである。

A main role of library systems changed from management system to access support system. Access support system means an integrated software environment which connects service functions. To realize the system, librarians that can make ideas of library services are required. A system librarian is a creative profession who has viewpoints both service and technology. The system librarian is one of aspect of librarians. Conditions of curriculum to bring up system librarian are comprehension, cross-studying and concurrency. The most important one is concurrency.

Journal

  • The Journal of Information Science and Technology Association

    The Journal of Information Science and Technology Association 56(4), 150-154, 2006

    Information Science and Technology Association, Japan

References:  19

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004705439
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10005857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL Article ID
    7865762
  • NDL Source Classification
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top