学術ポータルシステム"PIRKA" : 開発と夢の軌跡(<特集>システムライブラリアン育成計画) Scholarly portal system "PIRKA" : A locus of development and dreams(<Special feature>Training plan for systems librarians)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

札幌医科大学附属図書館は1999年6月,国内初となる異種データベース間連携システムの運用を開始した。アイヌ語で可愛いを意味し,"PIRKA"と名付けられた当館システムは米国国立医学図書館の"IAIMS"をモデルとし,利用者サービスの一元化と地域医療支援サービスの質的向上を目的としていた。2002年7月,PIRKAは,Ex Libris社の図書館ポータルシステム"MetaLib/SFX"を中心としたシステムに移行したが,地域医療支援サービスの利用者は北海道全域に拡大し,サービスの質的向上の重要性をあらためて示した。本稿では学術情報ポータルシステム"PIRKA"の概要とともに,開発に関わった当館職員の役割について述べる。

In June 1999, Sapporo Medical University Library has started to operate the first interlocking system between different databases in Japan. The system called "PIRKA", named after "pretty" in Ainu, which was modeled after NLM's "IAIMS" and was designed to provide centralized user service and enrich our regional medical treatment services. In July 2002, PIRKA migrated to the next system based on Ex Libris's library portal "MetaLib/SFX". As a result, PIRKA's regional medical treatment services expand throughout Hokkaido area and show importance of the improvement of service quality. This article describes brief overview of scholarly portal system "PIRKA" and how system librarians are involved to the development.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 56(4), 166-171, 2006

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004705442
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    7865792
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ