島の民俗信仰祀ついて A Study of the Folk Faith

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「玉勝間]の一節に、「詞のみにもあらず、よろづのしわざにも、かたいなかには、いにしへざまの、みやびたることの、のこれるたぐひ多し」と田舎に伝承する言語や風習に、正雅な古代要素を認め、さらに「ことにいなかには、ふるくおもしろことおほし、すべてかゝるたぐいの事をも、国々のようを、海づら山がくれの里々まで、あまねく尋ね聞あつめて、物にもしるしおかまほしきわざなり。」と、海浜山間の村々を訪ね歩いて、記録しておくべきだと述べてあるが、今回のわれわれの学術調査は、沖縄の古い姿を残し民俗学の宝庫と云われている伊平屋島を8日間にわたつて採訪、その時の調査記録によつて、種々の民俗で問題となるべき事項は数多くあつたが、ここでは次の諸項について記述することにする。 (1)神社信仰 (2)豊年祈願 (3)悪風返しの獅子(シーサー) (4)野甫島の雨乞祈願 (5)無蔵水の伝説における霊魂寄せ(マブイユシ)

収録刊行物

  • 沖大論叢

    沖大論叢 3(2), 35-47, 1963-03-30

    沖縄大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004721501
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00033324
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03871630
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ