"スヌーズレン:五感の刺激"デバイスとロボットを用いたバイオフィードバックシステムの予備検討(シンポジウム(1)「先端科学と医療」) A Preliminary Study of Biofeedback System based on "Snoezelen: -Stimulation of Senses-" Devices and Robots(Symposium(1)「The tip science and the medical treatment」)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 可部 明克 Kabe Akiyoshi
    • 早稲田大学人間科学学術院 Department of Health Science and Social Welfare Faculty of Human Sciences, Waseda University
    • 柿本 亜紀 Kakimoto Aki
    • 早稲田大学人間科学部健康福祉科学科 Department of Health Science and Social Welfare Faculty of Human Sciences, Waseda University
    • 横田 善夫 Yokota Yoshio
    • 早稲田大学理工学総合研究センター Advanced Research Institute for Science and Engineering, Waseda University
    • 加瀬 隆明 Kase Takaaki
    • 三菱電機株式会社:情報技術総合研究所 Information System Laboratory:Mitsubishi Electric Corporation
    • 加藤 英理子 Kato Eriko
    • 早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻 Graduate School of Science and Engineering, Waseda University

抄録

現代社会で生活する中で、人は様々なストレスを感じることがある。そのためリラックスして安心・快適に感じるための装置やツールがさらに求められ、現在はエレクトロニクスで制御されているものが、近い将来はロボット技術によって制御されるかもしれない。21世紀における"ロボット技術"の新しい役割とは、人間を直接サポートする新しいタイプのロボットを開発することである。"スヌーズレン(気持ちよく心地よい空間で、リラックスし穏やかな時を過ごす)"デバイス、及びロボットを用いて、バイオフィードバックを行う考え方は、早稲田大学理工学総合研究センターの研究会で潜在ユーザや各国の市役所・研究機関とコンタクトし、ビジネスに繋がるアイデアを検討している際に、市場分析の中から見出されたものである。本稿では、"スヌーズレン"デバイスとロボットからなる基本的なシステム、ユーザのインタフェースとなるロボットの主要な機能、事業化の事例と事業拡大の可能性、ユーザのストレスレベルの計測方法(予備検討のレベルのオフライン計測)、予備計測の結果などにつき報告する。また、このバイオフィードバックシステムの次のステップとしては、特定のセンサを導入して生体計測をさらに行い、ロボットやスヌーズレンデバイス(刺激ツール)との統合を進める。本研究は、建築学、ロボット工学、医学などの各研究グループが融合した形で行われ、ASMeW(早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構)の中で活動しており、人間の周辺の環境制御、医学、ロボット工学が融合した新しい分野を切り開く可能性もある。

It is sometimes stressful for human beings to live in Today's society. There are more demand to be relaxed and feel safe, comfortable by use of some devices and equipments, currently controlled by electronics and even by robot technologies in near future possibly. The new role of "Robot Technology" in the 21st century, is to develop the robots in new category, supporting people directly. The concept of a bio-feedback system by use of "Snoezelen (Feel good and enjoy relaxed, mild time in the comfortable space)" devices and robots, is derived from the market analysis in the working group of Advanced Research Institute for Science and Engineering, Waseda University, to make business plan, and several contacts to potential users and related officers of cooperating municipalities/institutes in a few countries. The basic system of robot and "Snoezelen" devices, main functions of robots as Interface for users, an example of business style with related possibility of business expansion, the method to measure a stress level of users (Off-line measurement as preliminary study), a preliminary measurement result, are described. The further step of this bio-feedback system, to measure more vital data of users by specific sensors and integrate with robots and Snoezelen devices - stimulating tool, is also mentioned. This study is a united research of multiple group, consist of Architecture Engineering, Robot Engineering, and Medicine, supported by ASMeW (Consolidated Research Institute for Advanced Science and Medical Care, Waseda University) and and has possibilities to explore the new combined area of Human Environment Control, Medicine and Robotics.

収録刊行物

  • バイオフィードバック研究

    バイオフィードバック研究 32(0), 9-18, 2006

    日本バイオフィードバック学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004735459
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0386-1856
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ