3.亜鉛欠乏と食塩嗜好(<総説特集>亜鉛と味覚障害)  [in Japanese] Zinc deficiency and salt preference  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

動物を低亜鉛餌環境下で飼育すると、通常正常な動物が忌避するような高濃度の食塩を積極的に摂取することが知られている。亜鉛欠乏は、味覚障害を引き起こすことは従来からよく知られているので、この高濃度食塩の嗜好が、味覚受容器での異常に起因するのか、それとも他の要因によるのかを切り分けることは、亜鉛の味覚器に及ぼす影響を調べる上でも重要なことと思われる。本論文では、この食塩嗜好性亢進の原因が少なくとも味覚受容器に起因するものではない可能性を示した著者らの最近のデータを紹介するとともに、食塩摂取行動調節に関与する各種ホルモンの役割を詳説し、亜鉛欠乏がこれらのホルモンの動態に関与している可能性について解説する。

Journal

  • The Japanese Journal of Taste and Smell Research

    The Japanese Journal of Taste and Smell Research 13(1), 17-28, 2006

    The Japanese Association for the Study of Taste and Smell

References:  63

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004736960
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11426393
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1340-4806
  • NDL Article ID
    7935325
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-B394
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top