中学1年「文字式」に関する授業の改善 : 大規模調査の結果をふまえて  [in Japanese] Improving Teaching and Learning of Algebraic Expressions in Seventh Grade : Based on Results of Large-Scale Surveys(<Special Issue>Suggestions from Large-Scale Surveys (III))  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は中学1年「文字式」に焦点をあて,TIMSS2003年調査の結果や教育課程実施状況調査の分析をもとに,「文字式」に関する授業改善のあり方を考察したものである.筆者の授業実践を分析すると,生徒が自ら発見したこと,考えたことを表現するための手段としての文字式の有用性を十分に感得させていなかった等の指導上の問題点があった.そこで,生徒が自ら発見したこと,考えたこと等をことば,数の式,図などで表現し,その上で,より簡潔で,明瞭な表現としての文字式で表現する場を位置づける等の指導改善の方向性を明らかにし,授業を構想した.授業改善の実践事例では,マッチ棒の問題や碁石の問題を取り上げた.生徒は問題を追究する中で,ことば,数,図と文字式との間を行き来し,「式を読む力」,「式で表す力」,「式を多様に見る力」を高めることができた,と考える.

Journal

  • Journal of Japan Society of Mathematical Education

    Journal of Japan Society of Mathematical Education 88(5), 19-25, 2006-03-01

    Japan Society of Mathematical Education

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004737580
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00285586
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0021471X
  • NDL Article ID
    7968268
  • NDL Source Classification
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL Call No.
    Z7-228
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top