時計工業技術開発小史 : 第二次大戦後におけるウオッチの進歩発展

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

This is a short history of Japanese watch industry after the second world war. In Japan, clock industry started in 1860s, and watch industry began in 1890s. Watch and clock industry developed rapidly, but in 1941 the second world war broke out, so that these industries were stopped for the munition production. Since the war, from 1945, these revived, then high quality and big quantity were required. I try to report of watch industry development, on products research and production technology.

収録刊行物

  • マイクロメカトロニクス

    マイクロメカトロニクス 50(194), 80-95, 2006

    一般社団法人 日本時計学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    井上三郎

    『技術の源流』-セイコー電子工業戦後技術史-, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    内田星美

    時計工業の発達, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    CHAMBERLAIN P. M.

    It's about time, 1941

    被引用文献1件

  • <no title>

    平野光雄

    精工舎史話, 1968

    被引用文献1件

  • <no title>

    時計史年表編纂室編

    時計史年表, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    第二精工舎編

    合理化の道しるべ, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    青木保

    時計学, 1935

    被引用文献1件

  • <no title>

    山口隆二

    時計, 1956

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本学術振興会編

    時計生産技術の研究, 1951

    被引用文献1件

  • <no title>

    第二精工舎技能研修所編集

    システムAの開発記録, 1980

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004737716
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11646924
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1343-8565
  • NDL 記事登録ID
    7989395
  • NDL 雑誌分類
    ZN12(科学技術--機械工学・工業--精密機械)
  • NDL 請求記号
    Z16-440
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ