12GHz衛星放送波の大気による到来角変動の統計的性質  [in Japanese] Statistical characteristics of arrival angle fluctuations of 12GHz satellite wave caused by atmospheric disturbance  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

10GHz以上の衛星通信では,衛星電波は対流圏中の水蒸気,雨粒の影響を受けやすく,降雨減衰,到来角変動,シンチレーションなどを生じる.我々は,電波干渉計の原理を応用した観測システムで到来角変動を観測している.観測システムは3基の受信アンテナからなっていて,基線を衛星電波の到来方向とこれに直角な方向とにとることで到来角変動の仰角成分と方位角成分を得ている.到来角変動は,アラン標準偏差を用いて統計処理している.観測システム構成と到来角変動の測定法,及び到来角変動の統計的性質と気象条件等との関係について報告する.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 106(40), 5-10, 2006-05-11

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004745098
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10060764
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7937835
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top