ダイズ根粒超着生変異株NOD1-3、NOD2-4およびNOD3-7とその親株Williamsの幼植物生育の特徴の比較 Comparison of Initial Growth of Hypernodulation Soybean Mutants, NOD1-3, NOD2-4 and NOD3-7, and Their Parent cv. Williams

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ダイズ(Glycine max[L]Merr.)品種Williamsから分離された根粒超着生変異株NOD1-3、NOD2-4およびNOD3-7について、播種7日後または8日後の幼植物の生育の特徴を、根粒菌非接種および接種条件下で親株のWilliamsと比較した。根粒菌非接種・接種条件ともに、変異株三系統の総乾物重はWilliamsとの比較で有意な差は認められなかった。非接種条件下では、NOD1-3とNOD3-7の根の生育がWilliamsより早い傾向にあることが示唆された。根粒菌接種条件下では、根粒数はNOD1-3(56個)>NOD2-4(33個)>NOD3-7(19個)>Williams(17個)の順であったが、NOD3-7とWilliamsの間に有意な差は認められなかった。NOD3-7は根粒超着生形質を示す変異株であるが、生育の極初期の根粒数に親株との差は認められなかった。幼植物の段階では、NOD1-3およびNOD2-4において根粒数が多くても根の生育は減少していなかった。また地上部生育に関して、NOD3-7は茎の生育が他より劣る傾向が認められた。NOD2-4の生育パターンは、根粒数が多いこと以外はWilliamsに最も近い性質を示した。従ってNOD2-4は根粒形成のオートレギュレーションの解析に最も適していると考えられる。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Agriculture,Niigata University

    Bulletin of the Faculty of Agriculture,Niigata University 59(1), 39-43, 2006-08

    Niigata University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004748832
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00183393
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03858634
  • NDL Article ID
    8520196
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-357
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
Page Top