ネットワークを活用した顎関節症患者遠隔診断支援システム構築のための予備的調査  [in Japanese] ネットワークを活用した顎関節症患者遠隔診断支援システム構築のための予備的調査  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 櫻井 直樹 Sakurai Naoki
    • 新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻摂食機能再建学分野 Division of Removable Prosthodontics, Course for Oral Life Science, Niigata University Graduated School of Medical and Dental Sciences
    • 河野 正司 Kohno Shoji
    • 新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻摂食機能再建学分野 Division of Removable Prosthodontics, Course for Oral Life Science, Niigata University Graduated School of Medical and Dental Sciences
    • 小林 博[他] Kobayashi Hiroshi
    • 新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻摂食機能再建学分野 Division of Removable Prosthodontics, Course for Oral Life Science, Niigata University Graduated School of Medical and Dental Sciences

Abstract

1.研究目的 近年、医科領域では動画、生体情報、放射線画像、病理画像を通信することによる遠隔診断支援システムが実用化されているが、歯科領域ではまだ報告が少ない。そこで、我々は、本学各診療科専門医が協力し、主に顎関節症に対する診断や治療法に関して遠隔診断支援システムの構築を計画した。そのために予備的調査を行い、診断支援の必要性と適切な情報交換の方法について検討し、運用可能な遠隔診断支援の形式を明らかにすることを目的とした。 2.方法 予備的アンケートの調査対象者は、新潟県歯科医師会全会員1,310名である。なお、2名以上の歯科医師がいる医療機関については、代表者1名に回答していただいた。調査内容は、回答者に対する質問事項として、性別、年齢、職場等である。診断支援に関する質問事項として、診断支援を希望する分野(顎関節症治療および他の歯科治療全般について)、診断支援に利用を希望する通信方法、診査・診断機器の利用状況、顎関節症患者の来院状況、診断支援の必要性、インターネットの利用状況等についてであった。 3.結果 診断支援については、口腔外科、顎関節症、隣接医学、歯科放射線、口腔病理など口腔外科に関連した分野の希望が多かった。診断支援の際に利用を希望する通信方法については、電子メールの希望者が多かった。診査・診断機器の利用状況については、顎機能検査機器の利開者は少なかった。顎関節症患者は個人開業医よりも病院歯科に集まる傾向が明らかになった。診断支援の必要性については、必要性を認めている回答が多かった。インターネットについては、回答者の90.1%が利用していた。今後、この結果に基づいて、診断支援システムを構築してゆく予定である。

Purpose : Recently, many telemedicine systems have been put into practice, but there are still only few reports in the dental field. Therefore, our group of specialists from some departments of Niigata Univrersity planed a trial use of a teledentistry system. The purpose of this study was to clarify the effective form of this teledentistry system by conducting a questionnaire survey on dentists in the Niigata prefecture. Methods : We conducted a preliminary questionnaire survey on all members of Niigata Prefecture Dental Association (a total of 1310 dentists), and analyzed the following major items : the field that was needed in teledentistry system : the utilization of information equipments ; the number of consultations for patients with temporomandibular disorders in their clinic ; the utilization of Internet. Results : From the results of this analysis, we found out that : 1. Many dentists recognized the necessity of the teledentistry system in the field of oral surgery. 2. Many dentists selected e-mail in the teledentistry system. 3. The temporomandibular disorders patients were visiting hospital dental departments in greater numbers as compared to private offices. 4. Ninety percent of dentists were using the Internet. The teledentistry system is scheduled to be established based on these results.

Journal

  • Niigata dental journal

    Niigata dental journal 35(1), 29-39, 2005-07

    Niigata University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004749127
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0018300X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0385-0153
  • Data Source
    NII-ELS  IR 
Page Top