情報処理学会 創立45周年記念「50年後の情報科学技術をめざして」記念論文 : 1.優秀論文賞:妖精・妖怪の復権-新しい「環境知能」像の提案-  [in Japanese] Special Section on IPSJ's 46th Anniversary - Best Papers on "the Next Fifty Years of Information Science and Technology" : Resurgence of Fairies and Goblins - A Proposal for the New Vision of "Ambient Intelligence" -  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

私たちの身近にいつも寄り添い,見守り,そっと支えてくれる存在,かつて私たちはそれを「妖精・妖怪」と呼んでいた.物質的な利便性より精神的な安定と豊かさを追うべきこれからの時代に,情報科学技術が取り組むべき課題はこの妖精・妖怪の復権である.本論文では,それを新しい「環境知能」と呼ぶ.復権すべき妖精・妖怪の世界とは何か,情報科学技術との接点は何か,それにより実現される生活様式は何かについて論じるとともに,環境知能の実現に向けて今後取り組むべき具体的課題を提起する.

Journal

  • IPSJ Magazine

    IPSJ Magazine 47(6), 624-640, 2006-06-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  68

Cited by:  17

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004749769
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Part of a Book
  • ISSN
    04478053
  • NDL Article ID
    7993171
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-352
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top