日本学術会議と「情報学」の新展開 New Horizon for Science Council of Japan and Informatics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

第68回全国大会の2日目の午後に開かれたシンポジウム「日本学術会議と「情報学」の新展開」について報告する.2005年に日本学術会議の第20期の会員が決まったが,全学問領域にわたる210名の会員の中に15名の「情報学」の研究者が選ばれた.それだけ「情報学」の広がりが認知されたといえる.これを期に日本学術会議会員を招いて,日本学術会議が何を目指すのか,その中で「情報学」にどんな展開が期待されるのかを語っていただいた.

収録刊行物

  • 情報処理

    情報処理 47(6), 670-672, 2006-06-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004749775
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    04478053
  • NDL 記事登録ID
    7993211
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ