「木田宏オーラルヒストリー」と地方教育行政の今日的課題 : 教育行政実践者の立場から  [in Japanese] Kida's Oral History and Nowadays' Local Educational Administration : Implementation of Educational Administration  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現在,わが国の地方教育行政は,政治的中立性と継続性・安定性を確保して地域住民の意向を反映するために,地方公共団体の長から独立した合議制の執行機関である教育委員会により行われている.第二次世界大戦の終戦後に設置されたこの制度は,60年を経過して時代の進展と社会の変化から多くの課題を生み,その制度の在り方について様々な指摘を受けている.戦後の地方教育行政の組織について,設置当時の時代背景や経緯を昨日の出来事のように生々しく語られた「木田宏先生のオーラルヒストリー」から,地方教育行政の今日的課題に対する方策と,教育委員会制度の在り方を考える貴重な資料を,教育行政実践者の立場から提示する.

Journal

  • Educational Information Research

    Educational Information Research 21(4), 31-36, 2006

    Japan Society of Educational Information

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004750813
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10084172
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0912-6732
  • NDL Article ID
    8042886
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1876
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top