駅構内音声案内システム「キタちゃん」「キタちゃんロボット」の開発 Spoken Guidance Systems "Kita-chan" and "Kita-chan robot" : Their Development and Operation in a Railway Station

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らはこれまで,奈良県生駒市市民センターに音声案内システム「たけまるくん」を開発,運用してきた.この成果を活かし2006年3月末より,新たに開業された新駅「学研北生駒」駅に,独立した2個の音声案内システムを設置し継続して運用中である.「キタちゃん」は従来の音声案内システムと同様のCGエージェントが応答するがタッチパネル機能によりユーザからのウェブ上の情報へのインタラクションも可能とした.「キタちゃんロボット」はロボット型インタフェイスを持ちユーザが親しみやすいシステムを目指している.両システムともサービス内容は基本的に同一で,駅や周辺の設備などの情報を一問一答形式でウェブ表示と合成音声を用いて回答する.応答生成においては,質問用例とJuliusによる音声認識結果とのマッチングスコアを用いる従来手法に加え,路線検索や周辺地図案内のためのネットワーク文法を記述してJulianを並列的に実行させ優位な認識結果を用いることとした.本稿では2個のシステムについて概要を記述するとともに,2週間の運用結果から,それぞれのシステムの利用者層を調査した結果を報告する.どちらのシステムも安定して稼動しているが,特にロボット型インタフェイスを持つ「キタちゃんロボット」は大人から子どもまで広くユーザからの問いかけを受けていることが分かった.

We have been developing the "Takemaru-kun" spoken information guidance system set on a real environment: the public city center ISTA in Ikoma, Nara. Following success of the system, two new spoken systems are developed and have been in operation at "Gakken-kitaikoma eki", the railway station in Ikoma, since end of Mar. 2003. One system is the "Kita-chan" system, which is fundamentally a conventional system like "Takemaru-kun", which uses CG agent system but has a touch-panel input device and allows users to access the Internet web contents. The other is "Kita-chan robot", which has a robot-like interface designed to be friendly for users. Both systems are fundamentally same in their service contents. They can respond information about the station, institutions around the station and so on, with synthetic speech and web browser output. In the response generation process, in addition to a conventional matching scoring method that compares question-example texts and speech recognition output, network grammars are newly prepared for route information and map display services. In this paper, we describe outlines of the system, and the two weeks operational result about user information of the two systems from the viewpoint of an age group. In short, the both systems are accepted to the station users and especially "Kita-chan robot" is used by any age groups.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 106(123), 19-24, 2006-06-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004750980
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7977149
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ