Gigabit Ethernet NICの性能評価 Performance Evaluation of Gigabit Ethernet NIC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 住元 真司 SUMIMOTO SHINJI
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ並列分散システムソフトウェアつくば研究室 Parallel & Distributed System Software Laboratory TRC, Real World Computing Partnership
    • 堀 敦史 HORI ATSUSHI
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ並列分散システムソフトウェアつくば研究室 Parallel & Distributed System Software Laboratory TRC, Real World Computing Partnership
    • 手塚 宏史 TEZUKA HIROSHI
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ並列分散システムソフトウェアつくば研究室 Parallel & Distributed System Software Laboratory TRC, Real World Computing Partnership
    • 原田 浩 HARADA HIROSHI
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ並列分散システムソフトウェアつくば研究室 Parallel & Distributed System Software Laboratory TRC, Real World Computing Partnership
    • 高橋 俊行 TAKAHASHI TOSHIYUKI
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ並列分散システムソフトウェアつくば研究室 Parallel & Distributed System Software Laboratory TRC, Real World Computing Partnership
    • 石川 裕 ISHIKAWA YUTAKA
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ並列分散システムソフトウェアつくば研究室 Parallel & Distributed System Software Laboratory TRC, Real World Computing Partnership

抄録

Gigabit Ethernet NIC(Network Interface Card)のTCP/IP通信の性能評価について述べる.評価に用いたNICは,Packet Engine社G-NIC II,Intel社PRO/1000 Gigabit Server Adapter,3COM社3C985-SX,及び,ODS/Essential社JackRabbitである.測定にはNetperfを用い,Pentium II 400MHz 2CPU搭載のPC上でWindows NT4.0とLinux 2.1.132上で測定した.評価の結果,TCP/IPのバンド幅が最も性能が良いのは,G-NIC II(linux-2.1.132 1 CPU)の場合で,2048バイトメッセージ時に49.5 MB/sであり,他社のNICのバンド幅性能は31?33 MB/sであった.ラウンドトリップ時間が最も良いのは,PRO/1000(Windows NT 1CPU)の場合で,4バイトメッセージ時に187.1μsであり,他社NICは,270μs?410μsであった.This paper presents the TCP/IP communication performance evaluation of Gigabit Ethernet NICs. Packet Engines G-NIC II, Intel PRO/1000 Gigabit Server Adapter, 3COM 3C985-SX and ODS/Essentials JackRabbit NIC are tested on Dual Pentium II 400MHz PCs which run Windows NT4.0 and Linux 2.1.132 using the Netperf benchmark. The performance results show that G-NIC II achieves 49.5 MB/s TCP/IP bandwidth on Linux using 1 CPU. The others are between 31 MB/s and 33 MB/s, and PRO/1000 achieves 187.1μs round trip latency on Windows NT using 1 CPU. The others are between 270μs to 410μs.

This paper presents the TCP/IP communication performance evaluation of Gigabit Ethernet NICs. Packet Engines G-NIC II, Intel PRO/1000 Gigabit Server Adapter, 3COM 3C985-SX and ODS/Essentials JackRabbit NIC are tested on Dual Pentium II 400MHz PCs which run Windows NT 4.0 and Linux 2.1.132 using the Netperf benchmark. The performance results show that G-NIC II achieves 49.5 MB/s TCP/IP bandwidth on Linux using 1 CPU. The others are between 31MB/s and 33MB/s, and PRO/1000 achieves 187.1μs round trip latency on Windows NT using 1 CPU. The others are between 270μs to 410μs.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)

    情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) 1999(21(1998-OS-080)), 49-54, 1999-03-04

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004752377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ