前脛骨筋の反応時間と歩行速度,歩幅,歩行率の関係 Relationship of tibialis anterior muscle reaction time and gait characteristics

Access this Article

Search this Article

Abstract

金沢大学 医 保健平均年齢(標準偏差)21.9(2.0)歳の健常大学生18名に対し,身長及び体重を測った後,平地上を10メートルできるだけ速く歩かせ,速度,歩幅,及び歩行率を計算した.次に,椅座位で音刺激に対して前脛骨筋を素早く収縮できる反応時間を測った.速い歩行では,速度と歩幅,速度と歩行率,及び歩幅と歩行率との間に各々有意な相関関係が認められ,歩幅の長いこと及び歩行率の小さいことが速い歩行の予測要因であった.歩幅は,体重及び反応時間と有意な重相関性を示し,反応時間の短いことや,体重の軽いことが歩幅を長くする予測要因であった.本所見は,歩行障害を来たした20歳代男性の歩行検査における指標になりうる原著論文

Miaki, Hiroichi

Journal

  • Memoirs of School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kanazawa University

    Memoirs of School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kanazawa University 24(2), 15-19, 2000

    Kanazawa University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004754873
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11137625
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13427318
  • NDL Article ID
    5831105
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-950
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top