香川県直島における衛星データを用いた山火事前後の植生動態評価(<特集>第37回大会) Estimation of vegetation dynamics affected by wildfire in Naoshima, Kagawa using satellite data(PAPERS AND REPORTS OF THE 37 TH SCIENTIFIC RESEARCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

研究対象地域である香川県直島は,1976年から現在までに山火事が7件発生していることから,山火事が発生しやすい環境下にあるといえる。樹木による被覆を失った裸地面では,森林本来の機能を失うため,土壌浸食を受けやすく,土壌劣化の可能性が高い。よって,健全な緑地環境を保全するためには,山火事による被害を最小限に抑えることがきわめて重要である。本研究では,2004年1月13日に発生した山火事において,現地調査の結果と衛星データを用いて,山火事による植生被害及び火災後の回復能力という点について火災前の植生との関係を解析・評価した。その結果,活性度が高い植生には延焼防止効果があること,さらに活性度の高い植生は高い回復能力を持つことを明らかにした。本研究を通して,今後の森林の育成および管理に関する基礎データを得ることができた。

Wildfire potential is high in Naoshima because of climate condition. It is endorsed by the number of wildfire events. Since 1976, wildfire has happened seven times. To keep sound forest environment, forest must be maintained properly not to be fragile against fire and to be strong enough to recover as soon as possible after wildfire. In this study, we estimate prior vegetation condition in terms of burned severity and the potential of recovery using in-situ data and Terra/Aster satellite data.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 32(1), 3-8, 2006-08-31

    日本緑化工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004763623
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    8079025
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ