ニホンリス(Sciurus lis)の生息環境におけるエコブリッジの効果(<特集>第37回大会) Effect of the bridge for animals at the habitat of Japanese squirrel, Sciurus lis(PAPERS AND REPORTS OF THE 37 TH SCIENTIFIC RESEARCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

生態的回廊に関する研究は,回廊の設置や設置直後のモニタリング事例の紹介が多いが,生育環境における効果は長期的観点から検証することが必要である。本研究では,ニホンリスの生息地において,生態的回廊としてのエコブリッジの効果を把握するために,設置から8年経つエコブリッジを対象とし,ニホンリスの生息状況と生息環境およびビデオカメラを用いたエコブリッジの利用状況を調査した。その結果,エコブリッジは8年経過後も日常的移動・季節的移動のための回廊として利用されており,生態的回廊として機能していたことが明らかとなった。また,長期にわたり利用され続けていたことから,この地域のリス個体群の消滅を回避していると推測された。

Many introductive monitoring studies about ecological corridors had been reported just after construction of corridors. However, it is necessary to inspect effects for habitats from a long-term point of view. This study intended to grasp effects of the bridge for animals at the habitat of Japanese squirrel, Sciurus lis for eight years after construction. We investigated the habitat site condition and the use of the bridge for animals using a video camera. As a result, the bridge for animals has been used after having passed for eight years, and it became clear to have function as a corridor of the habitat. The function as a corridor is for daily trip and seasonal trip. Therefore it was supposed that the bridge for animals was effective in avoiding extinction of the Japanese squirrel population in this area.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 32(1), 32-37, 2006-08-31

    日本緑化工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004763628
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    8079116
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ