夏期の気温上昇がヒガンバナの開花に及ぼす影響(<特集>第37回大会) The effect of an increase of temperature in the summer on flowering of Lycoris radiata Herb(PAPERS AND REPORTS OF THE 37 TH SCIENTIFIC RESEARCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,ヒガンバナの開花と温度の関係について検討することを目的として,人工気象室で育成実験を行った。人工気象室の温度条件は,常に外気に追従した条件,常に外気に対してそれぞれ1.0,2.0,3.0℃高い条件の4種類とした。そして,加温処理を開始した日はそれぞれ6月6日,6月28日,7月15日,8月4日,8月26日,9月5日とした。その結果,供試植物は夏期から秋口である開花期まで継続して外気より高温条件下におかれると開花期に外気より高温条件下でも開花可能となった。特に6月6日から7月15日までに1.0℃から3.0℃の加温条件下におかれた個体は,より高温条件下でも開花した。このことから,夏期の気温上昇によってヒガンバナの開花可能温度は上昇すると考えられた。一方,夏期における1.0℃から3.0℃までの平均気温の上昇は花の形態には影響を及ぼさないことも明らかになった。

This studies aimed to examine the relationship between flowering of Lycoris radiata Herb. and temperature, and we conducted a growth experiment in the artificial weather rooms. The growth of Lycoris radiatas were investigated under several controlled temperatures. Conditions were altered by ±0.0℃,+1.0℃,+2.0℃,+3.0℃ of outdoor temperature. And the day that temperature condition alteration was on Jua. 6, Jun 28 Jul. 15, Aug. 4, Aug. 26, to Sep. 5, 2005. As a result, the test plants were able to flower under warmed conditions from summer to early autumn, too. Especially, the test plants grown under +1.0℃ to +3.0℃ from Jun. 6 to Jul. 15 were able to flower under warmer condition. It was indicated that the flowering temperature increased with the rising summer temperatures. It seemed that the rising of the average temperature from +1.0℃ to +3.0℃ in the summer didn't influence to flower conditions.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 32(1), 118-121, 2006-08-31

    日本緑化工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004763643
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    8079244
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ