屋内空間における植物のストレス緩和効果に関する実験  [in Japanese] Experimental research on effect of stress easing which existence of plant in the indoor space  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、植物による癒しの効果に注目され、屋内空間においても多くの植物が配置されるようになった。しかし、それらが実際に人の生理的側面に与える効果に関する検証は少ない。そこで本研究では屋内空間における植物の有無が人のストレスホルモンに与える影響を調べた。その結果、観葉植物を配置した場合、無い場合に比べ、ストレスホルモンが減少したことから、室内における植物の存在はストレス緩和に効果があると考えられた。

Journal

  • Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 32(1), 247-249, 2006-08-31

    The Japanese Society of Revegetation Technology

References:  10

Cited by:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004763671
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10130633
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167439
  • NDL Article ID
    8079571
  • NDL Source Classification
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z18-1223
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top